融資を利用するにあたって

融資というのは金融機関からお金を借りることで借入に伴って利息が発生します。融資を利用するにあたってどのような融資の形があるのか、返済方法や金利について知っておく必要があります。

 

銀行の融資の形には手形貸付、証書貸付、手形割引、当座貸越などがあります。

 

手形貸付

手形貸付は借入側が借入証書の代わりに約束手形を銀行に振り出し融資を受ける方法です。手形貸付は1年以内の借入金で、運転資金に用いられます。 返済方法としては、融資を受けてから3か月後に全額返済する方法と毎月元金と利息を最終返済日まで分割で返済していく方法があります。

証書貸付

証書貸付は、融資金額、返済方法、利率等の融資条件を記した「金銭消費貸借契約証書」という書類を作成した上で行われる融資です。証書貸付は1年超の借入金の場合に利用され、設備資金や長期運転資金に用いられます。返済方法としては、個人ローンによくみられる元利均等分割返済と事業者向けの融資にみられる元金均等分割返済があります。元利均等分割返済は。毎月同額のお金を返済する方法で返済額が分かりやすいので返済計画を立てやすくなっています。ただし、元金はなかなか減らないというデメリットがあります。元金均等分割返済は、元金が確実に減るというメリットがありますが、毎月の返済額は一定ではありません。

手形割引

手形割引は、商取引によって受け取った手形を手形の支払期日前に割引料を差し引いて、銀行等に買い取ってもらうという方法です。当座貸越は、融資限度額を設定し、その決められた限度額まで自由に融資を受けたり、返済できる方法のことです。

当座貸越

当座貸越は、当座預金口座に貸越限度額を設けて、その範囲内でいつでも貸越しできるものと当座預金、普通預金とは別に当座貸越枠勘定を設け、そこからキャッシュカードなどを用いて借入を行います。

 

女性

金利は最も低いのが日本政策金融公庫の融資で、その次が銀行、ノンバンクや消費者金融となっています。個人ローンの場合は銀行で借りるのが最も金利が低くなります。消費者金融は審査が緩いですが、金利が高めなので利用は慎重にしてください。

 

融資のスピードが最も速いのはノンバンクや消費者金融で即日融資が可能です。ただし、金利が高いので急いでいないなら銀行から融資を受けるのが賢明でしょう。特に事業者の場合、消費者金融からの借り入れがあると銀行からの融資を受けられませんので、消費者金融からの借り入れは避けるようにしましょう。あるいは完済してから銀行への借り入れを申し込んでください。

 

また、融資を受けるにあたっては審査を受け、審査に通らないと融資はしてもらえません。審査基準は金融機関によって独自で決めていますが、今までの借入状況などは重要なポイントになります。延滞や債務整理などがあれば、新たに融資を受けるのは難しくなります。ですから、融資を受ける前に返済計画をきちんと立てて返済能力の範囲内で借入をするようにしましょう。